徳島で働き始めました。


by lulucchi

富山戦@スカパー。

富山、行こうかどうしようか、悩んでいました。
もう少しすると間違いなく忙しくなるので、自分の思い通りにアウェーには行けなくなる…。
それなら、今行くべきなんじゃないかと思ったり。でも、どうしても足が動きませんでした。
今の自分が行っても、それは力にならないような気もしていたのです。

スカパーで見た試合はすばらしかった。
正確に言うと、後半。前半はそれはひどいものでした。
ゴール前までは迫る、徳島も決定的なシーンは作る。
でも、演習をやっているみたいな、そんな感じ。惜しいシュートもあったけどね。
富山は素早かった。目的に対する意識がしっかりしていました。
1点目にしても、2点目にしても苔口と黒部の持ち味がよく出たいいシュートでした。
あのダービーから、結局何も変わっていないんじゃないのかと、思ったりもしました。

雰囲気が一変したのは後半早々から。
ものすごい突進でボールを奪いに行く姿を見て。ミドルを打つ姿を見て。
こういう攻め方もある、どこからでも点を取る術があるという強い部分を見て
もしこの試合勝てなかったとしても、少なくとも今何をすべきなのかはわかっているのだな、と思いました。

似たような弾道を描いた島田と濱田のゴール。
ゴール前で守りを固める富山勢に対してのよい威嚇になったと思います。
津田のゴールは圧巻でした。ゴールに突き進む姿勢。それは失敗してもいい。
それがあるからこそ、外からのクロスも意味を持ち、攻める武器の多様さを価値にすることができる。

他方、中盤からの守備には不安定さを感じました。
前からのチェックが少なく、中盤での優位性を作られてしまうことで守備時安定した形を作れない。
サイドでは優位性を保っているものの、いい形での数的優位な三角形を形成できない。
現状のスタメンは展開力を重視したそれであると思いますが、もっと黒子的ないい仕事する選手がいてもいいような気がしました。倉貫や青山は、十分それに足る仕事ができると思うのですが・・・。

富山を見ていると、2年目の自分たちを思い出しました。
前半押し込んでいるのに、後半足が止まって失点を重ねる。
一年目がむしゃらにやっていたことを組織だって質の向上を目指しても、なかなか結果に結びつかない。
でも、昨年見た富山よりも怖さはありました。
朝日は変わらず強かったし、中川のゴール前での厳しさは敵ながら…と思わせるものでした。
方向は間違っていないと思うのです。後は、続ける強さと支える強さ。
チーム内外での結束を続けること。そこが崩れると、また前を向いて進むのに時間がかかってしまいます。

今回は劇的な勝利。こんな試合を見たい、と思わせる一戦でした。








さて、うまくはかけないのですが…
ここから書くことは、すべて私の個人的な思いです。

前回のダービー後、色々なことがありました。
私はこれまで、自分たちが行っていることの、少なくとも幾許かでもチームを押し上げる何かになっている、それまではそう思っていました。
もちろん、迷惑をかけたこともあります。今回のことについても、申し訳ないこととも思っています。
一方で、チームのために自分が力になれることは進んで行っていたと思いますし、その部分には誇りを持っています。

スタジアムには様々な人がいますし、様々な出来事があります。
チームをよくしたい、チームを勝たせたい、力になりたい。
様々な思いがあって、でもそれは常に同じベクトルを向いているわけではなく、軋轢になることもある。
これは納得がいかないって思うこともあります。
でも、根底にある思いは同じであるから、理解もできるし、少なくともあの場所ではともに戦える。

人間は弱い生き物です。苦しければ弱音も吐くし、ふがいないときは不満も言う。
でも、その分嬉しいときはまるで自分のときのように喜び、知らない人とでもハイタッチを交わせる。
サポーターはチームの一員、という言葉を聞くけれども、それはそうなろうと努力しているわけではなく、すでに自らの中でそうなっていて、生活の中で分かち難いものとなっているように思うのです。

今回、富山で応援してくれていたサポーターを見て、とても嬉しかった。
言葉を交わしたことのある人も、いない人もいるけれども、
それでも基底にある思いは同じなのだなぁ、と考えてみたり。

チームからの言葉を受け…それでも私は機械ではないから、やはり喜怒哀楽を表してしまうだろうし
嬉しいことは嬉しいというし、嫌なことは嫌だというような気がします。
あの場所にいた誰もがヴォルティスのために考えていたのだし、その思いはこれからも続いていく。
少しでも早く心を前に向かせて、戦うことができればと思っています。

心までは、消すことはできないのです。
[PR]
by lulucchi | 2010-04-26 10:39 | ヴォルティス