徳島で働き始めました。


by lulucchi

扇の要を狙った勝利vs千葉@ポカスタ

千葉とのゲームは3-1で勝利しました。正直結果には驚き。
津田・平繁が取って柿谷もPKと活躍、失点はしたもののオウンゴールと
やるべきことをやって勝利というのは、チームが強くなった証拠なのだと思います。

今日のスコアは実力差を反映したものではないと思いますが、そこに至るにはいくつかの
戦術があったように思います。

ひとつは前線からの激しいチェイシング。あそこまでFW二人が激しくプレスに行く展開はこれまでの試合にはなかったように思います。
特に平繁のそれは鬼気迫るものがあったように感じました。

これには美濃部監督のコメントにもありましたが、相手のボランチである山口を自由にさせず、相手の攻撃の芽を摘み取るという効果があったように感じます。
4-3-3は両サイドのウイングが扇のようにサイドをワイドに使い、自軍の攻撃フィールドを幅広くに使うのに適した戦術だと思うのですが、開いてしまう前に要の部分、今回の試合であれば山口選手を自由にさせなかったことが千葉を苦しめた要因であるように感じました。
本来であればCBの上がりであったり、周りの選手のサポートが必要なポジションであると感じるのですが…

実際(徳島側の)前線からのプレスが弱くなり、倉田が入って中盤の劣勢を修正し、またネットを投入して巻との2トップに千葉が戦術を変えた以降は相手に主導権を握られる苦しい展開になったようにも感じます。てか千葉は普通に強かった。同じ布陣なら個人の能力はすごいものがありましたね。巻のシュートがポストをたたいたときは冷や汗ものでしたね。ミリガン?のスローインも。それを実戦でどう生かすの?ってところがもっと煮詰まってくると、たぶんこちらは厳しくなると思います。試合中の修正って言うのは難しいね。


もう一点は…徳島の選手がポジションをうまく共有できていたことにあるのではないでしょうか。
ヴォルティスは4-4-2の布陣を取っていますが、ボランチの部分を青山がスペースを埋め濱田がボールを配給したり、またその逆があったり、そういう部分はよく機能していると思います。またつり出された場合には倉貫がカバーしたりなどしています。

その分前線は大変ですが津田がサイドでキープしたり、柿谷・倉貫が前線に出張ってきたり。ある意味、今が理想的な布陣なのかもしれません。今日は島田が復帰してきましたが、これからどう絡んでくるのか、楽しみです。



来週は敵地で試合ですが…しかし初戦は同期対決、2戦目は元メンバーとと初参戦の戦い、3戦目は格上の元J1に胸を借りる、そして4戦目は首位攻防って…この日程を組んだ人はすごいね。
[PR]
by lulucchi | 2010-03-22 09:21 | ヴォルティス