徳島で働き始めました。


by lulucchi

強い勝ち方と、そこまでに至る焦燥vs北九州@本城

北九州、見てきました。試合は3-1で勝利。
とはいえ、去年までにはない強さと、課題も見えた双方を併せ持った試合でした。

スタメンは前節と同じ。橋内に代わり米田がサブに入りました。
個人での戦闘能力的にはヴォルティスが上回るものの、前半はなかなか点が取れない展開。
前線へのパスがなかなかうまくつながりません。

一方の守備面では昨季まで所属した大島や関、佐野らにゴール前まで脅かされるものの
決定的なシーンは与えることはせず。
このまま同点か…というところで平繁の突破から先制点が生まれます。
津田・平繁の組み合わせは非常に見ていて楽しいですね。

後半も主にヴォルティスが主導権を握ります。後半早い時間帯に倉貫が奪ったヘディングでのゴールは
チーム全体で圧力をかけ奪ったもの。チームの勢いもあり、ここで大勢は決した感もありました。

しかしながら北九州もここから反撃。かつてヴォルティスで活躍した富士が左サイドを攻略し
佐野からのボールを中島が決めて1点を返します。この時間帯の得点はいやなものがありました。

けれども、それを断ち切ったのが途中出場の選手。中でも徳重は出場早々にダメ押しとなるゴールを
決め、今年のチームのタフさを証明したように思います。

チーム全体の印象としては試合中は前線へのパスなど、あまり意図が反映されない雑な攻撃も多く
不安にさせるものも多かったのですが、得点展開、試合結果を見れば強いチームの勝ち方で…
これからはその相反する部分をより強いチームのほうへ傾けていくことが必要になるのでは、と感じました。


試合後は大島へのエールがあったり、また選手バス乗り場では大島・富士・長谷川への声援があったり…
ヴォルティスが少しずつ歴史を重ねていることを感じる遠征となりました。

北九州はまだまだこれからの部分もあるけれども、佐野や関、桑原、長野といったチームを支える選手は
しっかりしており、攻撃もとても意図を感じさせるものでした。
なかなかすぐに結果が出る戦い方ではないけれども、チーム・サポが支えていけばこれからきっと
いいチームになるように思いました。

来週は千葉戦。強豪相手ですが、ぜひとも公式戦3連勝といきたいですね!
[PR]
by lulucchi | 2010-03-15 12:20 | ヴォルティス