徳島で働き始めました。


by lulucchi

TSV(ヴォルティス練習場)への足がなくなる…非常に困ります。

今日の徳島新聞の記事、驚きました。
徳島バスが鍛冶屋原線と長原線の運行を今年9月で廃止する意向だとか。
鍛冶屋原線ってあすたむらんど(というかTSV)へのルートではないですか。
お遍路にもいけますね。
そういえば前には板野、コミュニティバスのトラバスも廃止されていましたね…。

私は車に乗らないのでよくバスを利用しています。
汽車では板野までなので、そこから歩くのはちょっとしんどい。
なかなか練習も見に行くことができなくなり、困りますね…。

実際記事では結構な赤字状況ということもあり、なかなかしんどそうだけれど…
廃止路線の利用者は一便あたり10~13人だとか。
たとえばバスを小型のものに変更してみるとか、あらかじめ規定の時刻を設定しておき、
電話やメールで申し込んで運用するフレキシブルな路線に代替してみるとか、
そういった方向性を模索してはどうなのかな、と思ったりもします。
何なら、バスで定期物を運んだっていいじゃないですか。

私自身は車がないとまったく生活できないような僻地での仕事も、
逆に駐車場代が家賃並みなえらい場所でも勤務してきたけれど…
やっぱり、公共の交通機関がない場所は色々なものが停滞します。
かつて私が勤めていた企業は、車でいける郊外こそがこれからの集積地だ、と言っていたけれど…
そうであればこそ、老若男女が気軽に訪れるためには、
それを補完する交通機関の存在は必要であるように感じます。
だから、どんな形であれバスや鉄道は存続してほしい。
そのように思っています。
[PR]
by lulucchi | 2010-03-08 07:08 | 雑記